関東の合宿免許に参加する時の注意点

自動車教習所に通うよりも、短期間で免許を取得することが出来るとして、合宿免許を利用するという人も多いようです。関東の合宿免許に参加するという場合には、あらかじめ知っておいた方が良い注意点がいくつかあります。合宿免許に参加するのにはメリットもあれば、デメリットもありますので、それらを総合して比較した上で、参加するところを決めるようにしましょう。そうすることにより、楽しく、快適に希望する免許を取得することが出来ますし、お金と時間を無駄にするということも無くなるでしょう。合宿免許に参加する上で、意外と忘れがちですが、チェックをしたほうが良いであろう持ち物についてと関東の合宿免許に参加するところを決める時のチェックポイントについて記述しています。

合宿に持って行くべき物について

関東の合宿免許に参加するという場合、絶対に忘れてはいけないものとして、入校するために必要な書類があります。具体的には、身分証明書や住民票、印鑑、健康保険証などが挙げられます。そして、合宿中に使用するかばんも用意しておくと良いでしょう。合宿中に使用する消耗品については、現地で購入することが出来る場合もありますが、こだわりがある場合には、持参するようにしましょう。運転をする際には、ハイヒールやサンダルでは出来ないため、運転しやすい靴を用意するようにしましょう。その他、相部屋を選択した場合には、コンセントが十分な数無いこともあります。そのような場合に備えて、延長コードなどを用意しておくようにしましょう。出掛ける前には忘れ物が無いかを確認するようにしましょう。

部屋のタイプと追加料金について

合宿免許は、普通車であれば2週間程度で免許を取得することが出来ます。そこで、自動車学校を選ぶ時には、一人部屋か相部屋かを確認しましょう。一人部屋は一人の時間を作ることが出来るというメリットがありますし、相部屋には料金が安いというメリットがあります。どちらの部屋を利用する場合でも、おおよその部屋の広さも確認しましょう。通常は、パンフレット等に記載がありますが、無いようであれば電話などで確かめるようにしましょう。料金は自動車学校によって異なりますので、必ず確認をするようにしましょう。特に、一度で教習や検定に合格することが出来なかった場合には、追加料金が必要となるところと追加料金がかからないところがあります。プランによっても異なることがありますので、注意が必要です。